読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

iPhoneの画面が破損したのでエクスプレス交換サービスを申し込んでみた

iPhone

はじめに

ついに、やってしまいました。ふとしたはずみでiPhone 6 Plusがアスファルトに落下……。
拾ってみると画面が破損していてヒビだらけです。
f:id:mori_nao:20160725224642j:plain:w400


一応強化ガラスの保護シートと 端末を保護するケースを付けていましたが打ちどころが悪いとあっけなく画面が破損してしまいます。保護シートもボロボロです。
f:id:mori_nao:20160725224654j:plain


今回のように画面が破損してしまった場合、どのように修理したか実際にやってみた手順を紹介します。

サポートページより修理申し込み

まず画面が破損したときの対処法がわからなかったので「iPhone 画面 破損」でググって最初にでてきたページがこちらのアップルのサポートページです。
実際に修理を依頼する場合は「画面の損傷」とありますのでこちらを選択します。
f:id:mori_nao:20160721225042p:plain
iPhone の画面の損傷 - Apple サポート 公式サイト


下の画面を確認すると機種別に修理代金の記載があります。破損したのはiPhone 6 PlusなのでAppleCare+に加入していれば費用は¥7,800円とのこと。
ここから「修理サービスを申し込む」をクリックします。
f:id:mori_nao:20160721225114p:plain

AppleCare+加入確認

AppleCare+に加入していればサポートを受けることができます。
ちなみにAppleCare+に加入しているかわからない場合は以下のページでサポート状況を確認できます。
確認の際は端末のシリアル番号が必要です。シリアル番号は「設定」から「一般」→「情報」の順に選択していけばすぐ分かるはず。
f:id:mori_nao:20160721225127p:plain
保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート

サポートに電話予約

「配送修理」が推奨となっていますが電話でいろいろ確認したかったので「指定した日時に電話してほしい」を選択。
f:id:mori_nao:20160721225135p:plain

シリアル番号を入力します。
f:id:mori_nao:20160725225258p:plain

都合の良い日時を選択します。
f:id:mori_nao:20160725225321p:plain

だいたい指定した時刻の10分後よりサポートから電話が掛かってきました。
画面が破損した場合の修理方法は確か以下の3通りでした。

  • 修理代理店に持って行く

代理店に破損したiPhoneを持っていけば早ければ当日に修理が可能。郵便番号をサポートに伝えればその場で近くの修理店を探してくれます。
自分の場合はあいにく近場になかったのでこの方法はパス。

  • エクスプレス交換サービスを利用

修理というより新しいiPhoneと交換してくれるサービスです。AppleCareに入っていれば¥7,800の費用で交換してくれます。
入っていない場合は¥14.800掛かってしまいます。
また、交換品も登録してから2〜3日で届くとのこと。ちなみに交換は同じ機種に限られます。確認してみましたが、例えばiPhone6+からiPhone6へ交換なんてことはできません。

  • 配送による修理

これは普通の修理でしょうか。修理している間は当然iPhoneが使用できません。別途キャリアのショップで代替機を借りることになります。

エクスプレス交換サービスの申し込み

ここは迷わずエクスプレス交換サービスで依頼することに。
交換サービスを登録するにはメールからとのことでアドレスをサポートに伝えればすぐに以下のようなメールが届きます。
f:id:mori_nao:20160726221657j:plain

登録するときはクレジットカード情報を入力する必要があります。
エクスプレス交換サービスの登録が完了すれば完了メールが届きます。
f:id:mori_nao:20160726221817j:plain

交換時には必ずiPhoneのバックアップとSIMカードの取り外しは忘れずに。
SIMカードはiPhoneを購入したときの箱に入っている付属のピンで取り外します。
また、必須ではありませんが個人情報が心配な場合は初期化をしておいたほうが良いかも。
初期化は「設定」から「一般」→「リセット」よりすべてのコンテンツと設定を消去で可能です。
f:id:mori_nao:20160726223925p:plain:w300

結果2日で元どおりとなったので今回の対応には満足しています。
修理が完了したら以下のようなメールが届きました。
f:id:mori_nao:20160726221836j:plain

終わりに

AppleCareに入っている場合は迷わずエクスプレス交換サービスに申し込んだほうが無難ですね。
手続きは面倒でしたが対応も早いしiPhoneなら復元もそんなに時間掛からないので。
今後は落とさないように気をつけたいですね。

納涼祭

雑記

f:id:mori_nao:20160724223428j:plain
7/23(土)は地元で開催される納涼祭の準備に参加してきました。
自治会の班長なのに今まで都合がつかず集会など欠席続きだったのでそろそろ参加しておかないと気まずい状況。
引っ込み思案なタイプなのでこういった集まりはほんと苦手です……。

納涼祭の準備は結構力仕事が必要で櫓を組み立てるのはさすがに本職の方の協力が必要。
職人さんが櫓を組み立てる様は見ていて絵になりますね。
自分は指示されるまま機材運んだりテーブルや椅子を設置したり提灯をぶら下げたり。

午前中の準備は無事終わり午後からは模擬店の出し物の準備。
やることが多く始終手を動かしてました。
こういった行事をやり慣れてる年配の方はやっぱり手際が良いです。

納涼祭は始まってみると結構な盛況ぶりでウチの地区ってこんなに人がいたんだと素直に驚きました。
お祭りはカラオケ、ビンゴ、抽選会といった内容。
限られた地域、近所の集まりなのにほとんど知らない人ばかり。
露店で出し物を売りながらたくさんの笑い声と人ごみにクラクラしました。
こういった行事は地域の交流やコミュニケーションに必要なイベントなんだと実感。

ことしの夏はとくにこれといった予定がなかった(あったけど仕事の都合でキャンセル)ので夏の行事に参加できたのは良い経験になりました。

ネタバレ有『インデペンデンス・デイ リサージェンス』見てきた

映画

f:id:mori_nao:20160717233025j:plain

頭空っぽにして見たかったので今作の予備知識はまったく入れずに見てきた感想です。

前作での戦いに勝利してエイリアンのテクノロジーを利用して人間の文明もかなり進化しています。まさに理想の近未来といった感じでワクワクしました。

でもなんか序盤からご都合主義な展開が見え見えでしたね。そのせいでハラハラドキドキ感はあまりありませんでした。

いくつか突っ込みどころがあったけど一言で言えば可もなく不可もなくスケールアップした正当な続編と言った印象。まさに王道の大作SFといった感じでした。
最新のCG技術を駆使した映像は圧巻で飽きずに最後まで見ることができました。まさに映画館で見るべき映画です。
登場人物みんな大活躍。今回も地球に甚大な被害を及ぼしましたが作戦が功を奏して見事な大勝利をおさめます。

それにしてもエイリアンの宇宙船デカすぎ!全長3,800キロとかどんだけデカイねん!
この宇宙船をどうやって退けることができるのか?が個人的に今作で一番の関心ごとでした。

前作のウィル・スミスのような俳優さんが不在だったのは残念。
印象に残っているのは変人科学者漫才コンビと中国の超美人のパイロットくらいかな。

しかし今回もエイリアン側油断しすぎでは?教訓が生かされてませんね。
前作から続投のジェフ・ゴールドブラムは雰囲気変わらないけど老けましたね。

話が大きく広がっちゃったけど続編はでるのかな。

PCメガネ「Zoff PC」を1年半使い続けた感想

買い物 雑記

f:id:mori_nao:20160713233839p:plain:w380
Zoff PC

ブルーライトをカットするPCメガネ「Zoff PC」を1年半くらい使い続けた感想です。

一時期TVやPC、スマホから発せられるブルーライトをカットしてくれるPCメガネとして話題になった記憶があります。
購入したのはコチラ。フレームとレンズ合わせてちょうど1万円くらいでした。今はネットでもっと安く購入できるみたいですね。
f:id:mori_nao:20160714230613j:plain

軽いのでつけている感覚がなく長時間使用に向いています。とくに寝る直前までPCで作業する人にはうってつけかも。自分は頭痛や目の疲れ、チラつきが無くなり寝つきもよくなりました。人によっては肩こりも解消されるようです。

難点をあげれば色つきのレンズを購入すると当然ですが裸眼で見るよりモニターがちょっと色味が増します。少し黄みがかってるのが分かるでしょうか?(ほんと些細なことですが……)
f:id:mori_nao:20160714224818j:plain

気になる耐久性ですが1年半使い続けてフレームが歪んだり折れたりすることもありません。何回か落としたこともありますがレンズが割れたこともないので普通に使う分には今後も問題なく使えそうです。
もし壊れた場合もZoff PCで再度購入すると思います。

また、ブルーライトを最大50%カットしてくれる「Zoff PC ULTRA」もありますがなんかデザインが好きになれない……。個人的にブルーライト36%カットのメガネで十分だと思います。値段も手頃だし効果もあるので。
結果としてZoff PCを買って正解でした。種類も豊富なので試してみても良いかもしれません。
人によっては手放せなくなるかもです。

『速さは全てを解決する』の読書感想

読書

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

赤羽雄二著『速さは全てを解決する』(ダイヤモンド社)の読書感想です。

はじめに

日本人のホワイトカラーの生産性は世界水準から見て最も低いと言われています。
なぜ日本人は生産性が低いのか?
とにかく会議が多い、定時という概念が無い、サービス残業の蔓延などが挙げられると思います。
ダラダラと時間をかけて仕事をするため著しく生産性が低く、定時で帰りづらい雰囲気の会社ならどうせ定時で帰れないんだからという意識から生産性が落ちるなどの悪循環となり結果モチベーション、労働意欲の低下につながることは目に見えています。

実経験から仕事をする上でスピードは何よりも勝ると感じています。過程より結果を重視する流れは今後ますます強まっていくと思われますので今までのように生産性の低い仕事をしていれば生き残るのは難しくなってくるかもしれませんね。

そこでスピードを身につけるためには何をするべきか?本書を読めば仕事をスピードアップするためのヒントをたくさん得られると思いますので興味のある方は是非一読してみてください。きっと今すぐ実践したくなります。



『速さは全てを解決する』とは?

以下本書を読んで参考になった箇所をいくつか紹介します。

PDCAを何度も回す

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)のサイクルのことを言います。
このサイクルを二度、三度と回せば、アウトプットがどんどん改善されていきます。

PDCAサイクル

PDCAはいつも同じペースで回すのではない。一度目は特に早く回し、アウトプットの目処をつける。そうすると時間的にも精神的にも余裕が出てくる。

確かにこの方法は有用かもしれませんね。PDCAって昔試してみたことがありますが意外と面倒で続かないんです……。
本書ではPDCAはまず一度目は早く回し、二度目からはゆっくり回す。そうするとポイントが分かってくるので本当に大事なところだけを確認して、改善しながら加速して回すことができるとのことです。

速さが上がれば、やる気がでてくる

・仕事が早くなると、先手が打てるようになり、効率よくアプローチできる
・仕事が早くなると、余裕を持って顧客の真のニーズを把握できるようになり、打ち手の制度が上がっていく
・仕事が早くなると、多少の失敗をしても挽回できるようになる

仕事に対する速さが上がれば楽に成果をだせるようになり、アドレナリンが出てますますスピードアップすることが可能ということです。とにかく先手を打ち、段取りを前倒しして結果を出し、PDCAを回すことを繰り返せば、好循環を作り出す。スピードを意識することが大事ですね。

仕事のツボを押さえる

その仕事が成功した、うまくいったという状況を想像し、「仕事の成功イメージ」を明確に持つことだ。
「仕事のイメージ」を実現するために何が必要か、何度もシミュレーションし、段取りを明確にすることも大切だ。

成功のイメージを持つことは大切ですね。成功するためには何をどの順序しなければいけないか?を繰り返し綿密に考えておけば行動に移しやすく成果も出やすいのではないでしょうか。この考え方は常に意識しておきたい。

前倒しする

前倒しするとは仕事の全体像を抑え、無駄な仕事、不要不急の仕事を切ること。自分でなければできない仕事に集中して片付ける。余裕が生まれ次第、少しずつ前倒しに取り組むと著者は説いています。
「ぎりぎり」の人は仕事の全体像を抑えていない場合が多く、精神的な余裕もありません。今日やれることは自分の許容範囲(長時間労働ではない)の中で限られた時間内でやっておくこと。前倒ししておけば気持ちに余裕ができ自分に自身を持つことができます。

ゼロ秒思考を目指す

悩みは不安、思い込みなど、もやもやを取り除くためにメモ書きを進めています。

A4用紙を横書きにして、左上にタイトル、右上に日付、本文を4〜6行で各20〜30字程書く。この1ページを1分で書き、朝起きてから夜寝るまでの間に毎日10ページ書くと頭が非常にすっきりする

書くことで頭のなかであやふやだったイメージがはっきりと鮮明になりそうですね。結果仕事に集中できるようになりスピードも上がるとのこと。この「メモ書き」は著者の『ゼロ秒思考』に詳しく記載されているとのことです。

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の感想

映画

f:id:mori_nao:20160704221957p:plain
出典:CINEMABLEND

今作はマッドハッターの家族を救うためにアリスが過去にタイムトラベルするストーリーです。
相変わらずの派手目な演出と圧倒的な映像美、テンポの良い展開で見ている分には飽きることはないと思います。冒頭の海賊船の追撃から引き込まれて最後まで飽きることなく観ることができました。
キャストはほぼ全員続投で前作から5年?くらい経過していると思いますが雰囲気変わりませんね。完全な続編なので前作の鑑賞は必須かな。

ただ正直前作のほうが楽しめました。序盤でマッドハッターが陽気なキャラからネガティブな性格に変貌していたり急に敵意むき出しでどす黒い顔色に変色したり、その時点でなんか少し冷めました。
敵キャラ?であるタイムと赤の女王も特に魅力を感じませんでした。今作で赤の女王と白の女王の因縁の過去が明らかになりますが、これは子供時代あるあるな感じですね。似たような濡れ衣着せられたことあります。
前作からの主要なキャラであるチェシャ猫や白うさぎは相変わらずのノリですが今作ではほぼ活躍しません。

今回の映画で伝えたかったことってタイムが言っていた「過去は取り戻せないが過去から学ぶことができる」ってことかな。
タイムトラベルの最中でもアリスは過去を変えることはできないと悟ります。
タイムトラベルものは時間軸で混乱しがちですが、映像でのタイムトラベルの表現も分かりやすかったし時系列で混乱することはありません。
なんだかんだ言ってディズニーの映画なので安心して見ることができます。ストーリーも分かりやすいので万人受けする王道のファンタジーといったところです。

自分自身を知るのに参考になるかも。「A Real Me」で職業適性診断をやってみた

雑記

f:id:mori_nao:20160702224736p:plain
みなさんはarealme.comというサイトをご存知でしょうか。
今ちょっと転職を考えていて「職業、診断」というワードでググってみたら最初に表示されたページでした。
このサイトは職業適性診断の他に精神年齢、IQテスト、EQ測定など診断してくれます。
試しにこのサイトでいろいろと自分自身のことを測ってみました。


まず職業適性診断をやってみた結果↓

f:id:mori_nao:20160702225118p:plain
なるべき職業は「コピーライター」だそうです。続いて「建築デザイナー」、「フリーライター」の順に適性あるのかな。
しかし、画像を見れば分かるとおり社会性、企業精神が著しく欠いてますね。よく今まで社会人続けてこれたな……。
確かに文章を書くのは好きだし副業でもちょっと文章書いてたりするので合っているかもしれません。候補に入れてみようかな。
「コピーライター」ってなろうと思ってなれる職業なのか分かりませんが……。
転職を考えている人は一度試してみても良いかもしれません。今後の指針になるかもしれませんね。


続けてIQテストをやってみた結果↓

f:id:mori_nao:20160702225103p:plain
なんとIQは245でした。テストの数字の問題は少し考えれば規則性をすぐに発見できました。図形の問題が難しかったですね。
でもIQって何なんでしょう。高ければ良いってわけでもなさそうです。


住むのにピッタリな街を診断した結果↓

f:id:mori_nao:20160702230103p:plain
石川県の能美という町だそうです。人口も少ないので住みやすそうですね。頭の片隅に入れておきます。

他にもいろいろと診断してくれるので興味がある方はやってみてください。
100%真に受けるのはどうかと思いますが自分を測るうえでいろいろと参考になるかも。

以上。