読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

Evernoteで原稿や請求書を管理してみた

ツール

f:id:mori_nao:20170206223803p:plain
出典:Evernote

2ヶ月目にして、ようやくライターとして軌道に乗りつつあり、さまざまなクライアント様とお仕事をさせていただいています。
まだまだ課題はたくさんありますが・・・

しかし、案件が増えてくると、その分原稿やら請求書の管理が煩雑になってしまうことが悩みどころです。

後々のことを考えると、原稿や請求書などの管理は、しっかりとやったほうが良いに越したことはありません。
まぁフォルダーごとに仕分けるのが手っ取り早いですが、視認性や使い勝手の点から、最近改めて「Evernote」の利便性に気づきました。

Evernoteは、なんでもノートブックに突っ込めるところが良いですね。ワードファイルや、PDF、テキストファイルなど、あらゆる形式のファイルを保管できます。

使用イメージはこんな感じ↓
——————————————————————
「ノートブック」
  |ー「クライアントA様ノートブック」
  | ・原稿
  | ・請求書・発注書
  | ・資料
  |ー「クライアントB様ノートブック」
  | ・原稿
  | ・請求書・発注書
  | ・資料
  |ー「クライアントC様ノートブック」
  | ・原稿
  | ・請求書・発注書
  | ・資料
——————————————————————

この方法でも十分使い勝手は良いですが、欲を言えば「階層管理ができたらもっとよかった」ということ。

今の使い方では「ノートブック」の下の階層に各種「クライアント様ノートブック」を作成して、その下に原稿やら請求書やら突っ込んでいます。
しかし、月ごとに管理することを考えると「クライアント様ノートブック」の下に、更に階層「yyyy/mm」が作れると便利なんですよね。

理想の使い方↓
——————————————————————
「ノートブック」
  |ー「クライアントA様ノートブック」
  |  |ー「2017/01」
  |  |   ・原稿
  |  |   ・請求書・発注書
  |  |   ・資料
  |  |ー「2017/02」
  |  |   ・原稿
  |  |   ・請求書・発注書
  |  |   ・資料
  |  |ー「2017/03」
  |ー「クライアントB様ノートブック」
  |  |ー「2017/01」
  |  |   ・原稿
  |  |   ・請求書・発注書
  |  |   ・資料
  |  |ー「2017/02」
  |  |   ・原稿
  |  |   ・請求書・発注書
  |  |   ・資料
  |  |ー「2017/03」
——————————————————————

ネットで調べても、昔のバージョンはそれっぽいことができたらしいんですけど、最新のEvernoteではできない気がします。
そのため、もし月ごとに仕分ける必要があるなら、各ノートにタグを付けて管理するしかありません。

どなたかもっと良い管理方法があったらぜひ教えてほしいです。

あと、Evernoteを使うなら、無料プランでは月間60MBとしかアップロードできないので、「プラス」にすることをオススメします。
年間3,100円かかりますが、やっぱり使ってみると便利ですので、管理が煩雑になっている方にはオススメです。

フリーランス1ヶ月目の収入

雑記

f:id:mori_nao:20170202225135j:plain
2017年よりフリーランスとしてライター業を初めて、あっという間に1ヶ月が経ちました。
1月は主にクラウドソーシングサービスの利用と、直接業務委託契約で取引して仕事をさせていただいています。

1月の仕事内容と収入

書いた分野は以下
・IT・技術関連
・投資関連
・不動産関連
・美容関連
・エンタメ関連

1月の収入:22,4743円

純粋にライターの仕事で1ヶ月目で20万の壁を超えることはできました。2月請求分も1月の時点で4万ほど稼いだので、まずまずの結果とは思います。
ですが、収入は社会人時代の月収の半分ですし、生活するには十分な額ではありませんね。

また、会社員を止めると、年金や保険料が重くのしかかってきます。社会保険は任意継続を選択しましたが、それでも毎月3万400円も掛かるとのこと。

1ヶ月目で実感したこと

専門分野を持っていると有利になる

1ヶ月目で実感したことは、ライターを始める上で、何かしらの専門性を持っていた方が大きな強みになるし、単価の良い案件も比較的楽にゲットできるということ。

専門性の高い分野は単価も良く、応募も少ないので提案も通ることが多かったです。
提案もしっかりと書けば実績数件の新人が、認定ランサーさんを差し置いて当選することも十分可能なことも分かりました。

また、文章を書く上で、ネットで調べながら書くのと、自分の言葉のみで書く場合、後者のほうが圧倒的に書くスピードが速いです。

得意分野は1日で3万以上稼げた日もありますが、まったく経験の無いエンタメ系は、3000文字書くのに1日掛かってしまったりと大苦戦してしまいました・・・何度も差し戻されました(泣)

今後は得意分野に特化するほうが絶対に良いと思いますが、まだ駆け出しのため、もっと幅広くさまざまなジャンルにトライしていろいろと見極めてみたいですね。

専門分野を持っている方は、ランサーズストアに登録するのもありです。単価も好きに設定できますし、すでに2件ご相談いただいている状態です。

文字単価1円では割に合わない

ライターと言っても、当然ながらひたすら文章を書くわけにもいきません。十分な下調べや、クライアント様ごとにレギュレーションが存在し、意向に沿った文章を書かなければいけません。
また、雑務やクライアント様とのやり取りでも意外とタイムロスが発生します。
文章を書くのが早い方は1円でも可能でしょうが僕には無理です。専門外はどうしてもペースが遅くなります。



課題と目標

執筆のペースを上げる

これもう致命的に遅く毎日自己嫌悪状態です。なんとかペースを上げる方法はないものか・・・

集中力が持続しない

22時を過ぎると集中力が持続しません。遅い時間に書いた文章を翌朝見直してみると文章が破綻していたり、誤字脱字が酷かったりとろくなことがありません。早寝早起きに限ります。

サボってしまう

1日だけサボってしまった日がありました。フリーランスはサボろうと思えばいつでもサボることができます。しかし、ここは自分を律しないとフリーでやっていくなんて到底不可能でしょう。

しっかりと目標を設定・管理する

中長期を含め、目標は設定していますが、管理ができていません。管理をするための時間を、しっかりと確保しなければいけませんね。

徐々に外部委託にシフトする

クラウドワークスもランサーズもシステム手数料が痛いので、外部の案件ももっと増やしていきたいですね。できれば取材も経験してみたいです。

終わりに

収入を公開することは賛否両論あるようで、税務署にも目をつけられるかもしれませんので次回からは公開しないかも。

1ヶ月でまずまずの成果を上げることはできたと思います。2月は今日の時点で7万稼いでいるので1月分の収入は超えられるでしょう。
しかし、成果には全く満足はしていません。もっと効率良くやらなければ、社会人時代よりも多い収入を稼ぐことは難しいでしょう。

フリーになって、もっと自由な時間が取れると思っていましたが、考えが甘かったです。1日机にかじりついてないと、満足のいく金額を稼ぐことはできません。
正直社会人より大変です。

時間と場所に縛られないのがフリーランスの特権だと思っていましたが、まだまだ新人は縛られてしまいますね。

フリーランス1ヶ月目

f:id:mori_nao:20170123221112j:plain
ようやくブログ記事更新。朝から晩まで仕事をしているため、ブログ書く余力がありません……。
フリーランスで仕事しながらコンスタントにブログも更新できる人って、素直にスゴイと思います。

フリーランスになってようやく1ヶ月が経とうとしています。長いような短いような・・・

もともとフリーランスになったきっかけは、個人でもっと社会貢献できるようなことをいろいろとチャレンジしてみたい。といったことが動機です。

前回記事と重複になりますが、準備期間に実行したことは、
1.1年分の貯金
2.やりたいことのリサーチ・準備・実績作り
3.独立してから必要なこと諸々

具体的にやりたいことは、
1.文章を書いて生計を立てる
2.カウンセリング関連の仕事を経験する
3.社会貢献できること

今年は表現の幅を広げるため、特に1について全力で取り組んでいきます。2についてはある程度準備中。3は漠然とした案があるだけでゼロからのスタートになります。
2017年はライター業に専念するため、良さそうな案件は片っ端から募集しました。

今月は以下の案件を実施中です。

◆クラウドソーシング
・美容関連
・株式・投資関連
・エンタメ関連
・IT・技術関連

◆直接契約
・IT・技術関連

積極的な営業活動のおかげか、たまたま運が良かっただけか、良いクライアント様にも巡り合えて着実にスキルアップしてる感があります。
しかし、仕事がどんどん舞い込んできて、毎日ひーひー言いながら仕事してます。

特にランサーズはまったく実績が無いにも関わらず、文字単価3~7円相当の案件をいただいています。
これはやはりプロフィールの充実と、クライアント様にとって有益な提案をした結果だと思っています。

得意分野や苦手分野もわかってきて美容・IT・投資関連は苦もなく書けるけど、エンタメ系が2記事書くのに丸1日掛かってしまいました・・・。

ライターぺーぺーだからって報酬に妥協する必要はないと思っていて、クライアント様にとってメリットになることを提案していけばそのうち身を結ぶのではないでしょうか。
このペースでトントン拍子でいけば、会社員時代の給料を上回る日はそう遠くないと感じています。

しかし、フリーランスはいつ足元をすくわれるか分かりません。常に緊張感を持って今後も戦略的に立ち回りたいですね。

ある程度稼げるようになったらノウハウも公開していきたいと思います。

よりよい人生を実現するために

今週のお題「2017年にやりたいこと」


あけましておめでとうございます。

去年は、長年お世話になった会社をついに退職しました。

居心地の良い職場でしたが、このまま変化もなく悶々と働き続けることに違和感を感じ始めたのがきっかけです。

これからは、今までの人生で培った知識を生かして個人でいろいろなことにチャレンジしていくことを選択しました。

安定した職場を離れることは常人には勇気のいることです。なかなか決心がつかず、勢いで辞めるのは失敗した時のリスクが怖いので、ある程度準備期間を設けてからとしました。
その点、勢いで始められる人が羨ましいです。

準備期間に実行したことは、
1.1年分の貯金
2.やりたいことのリサーチ・準備・実績作り
3.独立してから必要なこと諸々

自分自身の性格を振り返ってみるとつくづく慎重な人だな。と思います。準備ができたので心の中でゴーサインがでても、なかなか一歩を踏み出せない……。
結果スタートするのが遅れてしまったわけですが、踏み込むことができたのでまぁ良しとします。

これからは挑戦の連続であって何度も失敗を繰り返してしまうと思います。自分自身で道を切り開いていくわけですから、進むべき道を見失わず果敢にチャレンジして生きたいですね。

挑戦と失敗を繰り返して、成長することを実感していければと思います。

あまり気負いすぎてもよくないので、独立したことによるメリットを最大限生かして楽しんでやっていきたいですね。

経過はブログで書いていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Webライター再開その後

ライター 雑記

Webライター再開してから早一週間経ちました。

5000〜7000文字超の長文案件を立て続けにこなしているのでさすがに体力的にしんどいです。

クライアント3社並行で書いてるので1社ごとに提出、指摘対応、再提出の繰り返し。
メールやチャットワークの通知も頻繁に来るので集中力が途切れる問題が発生。

ありがたいことに追加で依頼も来るので、うまくスケジュール調整しなければいけません。

昔からちょくちょくライターしてましたが、こう立て続けにやると結構疲労がたまります。
疲れてくると注意力散漫になってくるので、適度にリフレッシュしてこなしていきたいですね。

やはり慣れないジャンルはどうしても時間を要してしまいますが、慣れてくると逆に楽しくなってきました。

今後もライター続けていくには実績の積み重ねが大事ですので、とにかく今は数をこなしていきたいですね。

一部話題になっているWebライター必見のこの本買いました。まだ読み始めですが、漫画仕立てで非常にインパクトのある本です。

まだまだ勉強することはたくさんありそう。

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

Webライター業再開しました

雑記

Webライター再開!

仕事が忙しくWebライター業はお休みしていましたが、キャリアアップのため本格的に再開しました。
今までの実績があるので比較的高単価なIT・キャリア系の案件とヘルスケア系の案件に応募し、すんなり受注することができました。

また、ランサーズは登録しただけで放置してた状態なので実績が0ですがプロフィールからの経歴で直接依頼があり単価も良かったので引き受けることに。
こちらはランサーズが運営する「ランサーズマガジン」に掲載されるそうです。

大きな案件を3つ同時進行でやるので不安もありますが引き受けた以上やるしかありませんね。

しかもどの案件も長文で専門性を要するものなのでDeNAのキュレーション問題もあり慎重に責任感を持って取り組まなければいけません。
まぁこれはキュレーション問題云々の前にお金をいただいている以上どんな仕事でも責任を持たなければいけませんが……。
ですが、その分単価も高いので気合いを入れて乗り切るつもりです。

やはり得意分野であるIT系はとりあえず1記事書いたけどヘルスケア系が思いの他苦戦しております‥‥‥。
ただしっかりとしたビジョンを持ったクライアントさんなので期待に添えらえるよう頑張らなければいけませんね。

今はいろいろな案件にチャレンジして向き不向きを見極めるのも良いかも。

DeNAのキュレーション問題についての雑感

ついにDeNAのキュレーション問題がテレビでも放送され一般的に認知されましたね。
「肩こりは幽霊が原因」、「風邪にはラーメンが効く」などの見出しに奥さんも爆笑していました。

また、ランサーズが「品質向上委員会を設置」し、管理体制にそぐわない案件は今後は排除する方針らしいので今までのようにゴミみたいな案件は確実に減るでしょうね。

今後は主婦が合間にできるお小遣い稼ぎ間隔の案件が減り、ライターにもより専門性の高いスキルが求められることになると思いますし、ライター側も書いた記事には責任をきっちり持たなければいけません。

となるとしっかりと文献を調べたり場合によっては取材して記事を書く必要性もでてくるでしょうね。
そうなると文字単価は1円でも割に合わなくなります。

久々にライター業で文章と真剣に向き合って疲れました。
また明日も頑張ろう!

Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで (WEB PROFESSIONAL)

Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで (WEB PROFESSIONAL)

  • 作者: 林千晶,中野克平,井上果林,小川治人,君塚美香,中田一会,吉澤瑠美
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 132回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

人生を変えたいならば『本音で生きる』を読んでみる事をオススメします

読書・書評・感想

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

はじめに

時間は誰に取っても有限です。後悔しない生き方をしたいならその場しのぎをやめて、今すぐにでも一歩先を動いたほうがいい。
そのためには自分に嘘偽りなく本音で生きるほうが後で結果はついてくる。
ホリエモンは歯に衣を着せぬ言い方で世間を騒がせている印象ですが、本書でもそんなホリエモン節は健在で、本書で語っている事はまさに正論であり非常に共感しました。

「本音で生きる」ということすなわち後悔しない生き方を送るということ。
人生を変えたいなら本書を手にとって読んでみる事をお勧めします。

『本音で生きる」を読んで

以下本書「本音で生きる」を読んで参考になった箇所をいくつか紹介します。



「できない理由」は考えない」

些細なことでもよいから、常に小さなチャレンジを行い、少しずつ少しずつ成功体験を重ねていく。なんでもうまくこなせる人間と比較して落ち込むのは無意味なことだ。ここで比べるべきは、過去の自分。自分の成長を実感できれば、それが自身になる。諦めずに成功体験を重ねていけば、ある日突然大きく成長する時が必ずやってくるはずだ

できない理由を考え言い訳ばかり述べている人はよくいますが、「やるか」「やらないか」。
人生を変えたいならばおのずと選択肢は決まっていますね。
「できなり理由」を考える暇があったらどうやったらできるかを考えるべきでしょう。チャンスは目の前にいくらでも転がっています。

やったことのない分野だったら初めは不安になるのはしょうがないですが、なんとか頑張ってひとつでも小さな実績を上げればそれは自身につながり次のステップに進む事ができます。
他人に比べて劣っていると感じているならどう工夫すれば勝つ事ができるかを考えるべきでしょう。

ノリの良さでチャンスを掴む

飛びついた結果がどうなるのかなどわからないが、確実にいえることがある。ノリの良い奴には、あちこちから声がかかるようになり、加速度的にいろんな経験ができるようになっていくのだ。

ちょっとしたチャンスは、いつでも誰の前にも流れていますが、それを将来的な何につながるかは分かりません。
ですが、面白そうと感じたらまず飛びついてみることと本書では説いています。
あれこれ理由を考えて飛びつかないよりは、この経験が元に最高に面白い経験をすることになるかもしれませんし、今後の人生に大きな変化をもたらすかもしれません。
それなら直感で感じてノリで動いたほうが良いということですね。

実現可能性など考えるな

やりたいことをやって成功する人は「リスクをあまり考えていない」ということ。
やる前から成功する確率とか失敗するリスクは何か?と考えていてはいつまでも実行に移せないことは明白ですね。
成功するかどうかはやってみないとわかりません。
やると決めたらその場の勢いで行動を起こすことが重要。
尻込みするような人間は結局リスクをとらないこと自体が最大のリスクであるとホリエモンは説いています。

これまでと同じことをやっていても、成功はできない。自分のやりたいことを、ノリとフィーリングでやってみるしか成功はありえない。



すべての時間を「最適化」せよ

自分のやりたことを片っ端からやっていては時間がいくらあっても足りませんが、それでやりたいことを諦めてしまっては元も子もありません。
時間という希少資源をどう使えば良いのかを常に考えることによって実現可能な物事の範囲が広がっていきます。

うっかりしていると、毎日がルーチンになりがちだ。「これは無駄だな」と思ったら、すぐ改善をしていくのだ。
〜省略〜
自分自身についてもPDCAを回すのだ。その対象となるのは、24時間365日、自分の人生のすべてである。

PDCAサイクルを回して常に改善を図っていくというやり方は重要ですね。ただめんどくさくなって長続きしない人も多いのではないかと思いますので如何にPDCAを回すかは工夫が必要です。
また、改善の結果自分が苦しくなっては本末転倒なのでできる限り労力を使わず、楽しみながら自分のやりたいことが実現できるように改善を行う方が良いとこうことです。

無駄がないかを常に問いかける

自分の人生を改善することは、自分を含む人の行動や周囲の状況を注意深く観察し、疑問を持つ事からはじまる。

時間をうまく使いたければ、自分の生活の中の無駄な「惰性」に気づく事も大事だ。
そして、何かを無駄だ、面倒だと感じたら、それを解決する手段を考えることを習慣にしてしまおう。解決する気さえあれば、たいていのことはなんとでもなるのだ。

現状無駄であると考えているにも関わらず打てる手を探そうともせず、ただ現状に愚痴をこぼすだけの存在をホリエモンは「オヤジ」と呼んで揶揄しています。
自分がそんな「オヤジ」になっていないか?振り返ってみると結構当てはまる部分もあったりします。

30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は片っ端から片付ける。

「やらなければいけない仕事が多すぎて、いつ何から手をつければいいかわからなくなる」なんてことは結構あると思います。
そんなとき優先順位をつけるよりは片っ端から仕事をこなしていけばいいだけとのこと。
優先順位をつけるという作業自体時間を消費することにもなるので、特に「5分で終わる仕事」は片っ端からやっていく。
メールの返信、仕事の返事などはその場で処理し、すぐに終わらせることが重要です。

/* トップページ一覧表示 */