na-kkun's life

Webディレクター兼エンジニア、テクニカルライターとして技術系記事を中心に企画・執筆活動をしています。たまに変なこと書きます。

フリーランスこそ備えておくべきお金のこと

はじめに

マンガ 自営業の老後

マンガ 自営業の老後

積ん読状態だった「自営業の老後」を読んでみました。

ある程度知っている内容でしたが、改めて保険の重要さを認識することができる内容でした。

フリーランスや自営業の場合、日々の生活で手一杯で年金未納になりがちな方も多い印象ですが、今一度保険についてはよく考えてみることが大事だと実感。

今後どうなるかはわかりませんが、年金制度はそう簡単に崩れるわけではありません。

きっちりと支払っていれば、生きている限り年金はもらえるので、何がなんでも払うべきと本書は説いています。

以下本書で参考になった箇所を紹介します。

お得な「確定拠出年金」と「小規模企業共済」

老後の蓄えとして、検討して欲しいのが「確定拠出年金(iDeCo)」「小規模企業共済」です。

どちらも国の精度で、公的年金とは別に自分でお金を備えて老後に備えようというもの。

確定拠出年金は、

①掛け金は全額所得控除
②運用益は非課税
③掛け金は5,000円〜68,000円

確定拠出年金は個人的に手数料が低く、さまざまな商品を取り揃えている楽天証券か、SBI証券がおすすめです。

小規模企業共済は、

①掛け金は全額所得控除
②予定利率が高い
③掛け金は1,000円〜70,000円

となります。

小規模企業共済は掛け金1,000円から初められて節税効果と有利な利廻りの適用があります。

取り扱いは委託団体または金融期間から。

生涯収支を出してみる

生涯収支とは、人が一生で使うお金の金額です。

自分が何歳まで働くかを想定して、支出を予測してみるものです。

1年ごとの収入と支出、貯金金額を予測計算し、赤字にならないように生涯の収支を合わせる

を基本に支出を予測します。

年金を増やせる「国民年金基金」

会社員には厚生年金がありますが、自営業では国民年金しかなくて、国民年金の平均受給額は厚生年金の半分以下である6万5000円程度です。

対策としてはさきほど紹介した「確定拠出年金」と「小規模企業共済」がありますが、「国民年金基金」は会社員との年金額の差を解消するために創設された任意加入の公的年金制度です。

国民年金基金は、終身年金のA型、B型のどちらかに加入することが基本としており、一定期間もらえる確定年金のI型〜V型を組み合わせることが可能。

口数を増やせば掛け金も上がり、もらえる年金額も増える仕組みです。

しかし、以下のようなデメリットもあり、

・近年は掛け金が値上げされた
・予定利率も下がっている
・インフレに対応できない
・途中で脱退できない
・受給金額が掛け金を上回るのに時間がかかる

国民年金基金に加入より確定拠出年金」と「小規模企業共済」がおすすめとなります。

気軽に年金を増やせる「付加保険料」

気軽に年金を増やせるのが「付加保険料」で、月額たった400円で増える年金額は「200円×付加保険料納付月数」です。

仮に40年納付すれば、年金額が96,000円増加、10年納付でも24,000円増加します。

ただし、国民年金基金との併用は不可とのこと。

医療保険、生命保険について

・保険は公的なものを目一杯利用したうえで、薄いところを民間の保険でフォローする
・気になるところを掛け捨てでかける

医療保険は、
公的な保険+病気の不安をカバーする保険

生命保険は、
家族構成や自分のリスクに合わせて検討する

保険も大事だけど貯蓄も大事。基本的に公的年金と健康保険の給付でまかなえる。

会計について

会計の知識を養うには「簿記3級」がおすすめ。

自分で決算書を作って申告書を書けば会計の「目」を持てるはず。

おわりに

「自営業の老後」を読んで、なんとなく考えなければいけないお金のことについて、再認識させられました。

とくに本書でも解説している、

・確定拠出年金
・小規模企業共済
・付加保険料

は加入しておくべきでしょう。

さらに余裕があれば、投資信託などでの積立投資をしておくこともおすすめします。

仕事を素早くこなしたいなら「ロケットスタート時間術」がオススメ

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

個人的に面白かった本なので紹介します。

本書は元マイクロソフトの伝説のプログラマーである中島聡氏によって40年間実戦してきた思考が1冊にまとられています

時間の使い方に徹底的に向き合い、効率的な仕事の方法を身につけるために書かれた本で、参考になる箇所が多く勉強になりました。


以下、参考になった箇所を紹介します。

締め切りの前に締め切りがあるという考え方。

これはピンとくる方もいるかもしれませんが、締め切りに合わせようとしても締め切りには間に合わないということ。

これはエンジニアやってたころもよくあった話で、締切日直前でラストスパートしようとしても、たいてい何らかのトラブルや問題が発生して、締め切りを超過してしまうことが度々ありました。

締め切り日に合わせようとすると、予期せぬトラブルが起きたときに対応できない可能性があります。

実際の締め切り日よりも早い段階で締め切りを設けておけば、その分早く仕事が終わって余裕が生まれます。

そのため、最後に頑張ればなんとかなるという考え方は改める必要があります。

そこで、著者が進めるのが「ロケットスタート時間術」です。

これは余裕のあるときに全力疾走で仕事をこなし、締切日に流すという働き方です。

「最初の2日で仕事の8割を終わらせる」

これが鉄則で、最初の2日というのは締切日の期日によって代わります。

ラストスパートでなんとかなるという考え方を矯正するには、これくらいのことをしなくてはいけないということ。

とにかく前倒しで仕事を進めることが重要です。また、本書ではマルチタスクについても推奨していません。

集中力が続かない場合は朝方に切り替えるということ。朝早い時間なら邪魔が入らないので作業に集中することができます。

また、大きな仕事は縦に切り分ける方法や、複数の仕事が並行しているときは1日を横に切り分ける方法、やる気をだすための10倍界王拳など、著者ならではの斬新なアイデアもあり読み応えありました。

気になった方はぜひ一読してみることをオススメします。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

フリーランスエンジニアがプログラミングでハマってしまったときの対処法

f:id:mori_nao:20170505165345j:plain
フリーランスエンジニアがリモートワークで1人でプログラミングをしている場合、わからないことがあってもすぐに確認することが困難な場合が多々あります。

フリーの場合、会社員と違って同僚や有識者に確認することが基本的にできないので、自力で解決するしかありません。

しかし、プログラミングで一度ハマってしまうと数時間、下手したら数日間調査で時間を要することも十分にありえます。

エンジニアである以上、コーディングで一度や二度はハマってしまった経験がある人は多いと思います。

しかし、納期が迫っていると数日間も悠長に時間を費やすことができない場合もあります。会社員と違って誰かが引き継いでくれたり、助けてくれることもありません。

そのため、ある程度調べてどうしてもわからなくなったら、見切りをつけて他の作業をするか、他の手段でなんとか解決策を探るしかありません。

そこで、今回はリモートワークのフリーランスエンジニアが、プログラミングでハマってしまったときの対処法を紹介していきます。


書籍で調べる

わからないことはまず書籍で調べるのが基本です。

しかし、技術系の専門書はいいお値段するものもありますし、ネット通販では中身まで分からないので、購入しても目当ての情報が載ってなかった場合、お金が無駄になってしまいます。

そのため、専門書は書店に出向いて購入することをオススメします。

私も専門書は新宿の紀伊国屋などの大型書店まで出向いて、ページをパラパラめくってお目当ての情報が載っていることを確認してから購入しています。

出版社に問い合わせる

専門書も高度な処理になると、途端に難易度が上がり理解するのに苦しむ場合があります。

どうしても解決できなかったら、だいたい巻末に出版社のメールアドレスが載っているので、質問してみるのもありです。

過去に実際に出版社に問合せてみたら、著者の方に確認を取っていただき丁寧に解答をいただいたことがあります。

Q&Aサイトで質問する

わからないことを解決するためには掲示板を使用するのも手っ取り早く王道な方法と言えるでしょう。

質問するときは、回答者が答えやすいように具体的に何がわからないか、明確にしてから質問しましょう。

また、差し支えない範囲でソースコードを載せておくと、より解答が得やすくなるのではないでしょうか。

以下にエンジニアにオススメのQ&Aサイトを紹介します。

Yahoo!知恵袋

f:id:mori_nao:20170505165537p:plain
Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス

Yahoo! JAPANが運営する、おそらく一番有名な質問掲示板です。細かいジャンルを指定して質問できます。

プログラミング関連の質問も活発に行われており、過去何度か利用しましたがすぐに解答が返ってくる印象です。

結構マニアックな質問にも解答が返ってくるので、一番お世話になったサイトです。

teratail(テラテイル)

f:id:mori_nao:20170505165610p:plain
teratail【テラテイル】|思考するエンジニアのためのQAプラットフォーム

teratail(テラテイル)はエンジニア向けの質問掲示板です。質問者向けのフォーマットやマークダウンも用意されており、より分かりやすく質問を書くことができます。

また、言語ごとにタグも用意されているため、まさにプログラミングに特化した掲示板と言えるでしょう。

stack overflow(スタックオーバーフロー)

f:id:mori_nao:20170505165633p:plain
スタック・オーバーフロー

こちらもエンジニア向けの有名な質問掲示板です。英語園では最大級のQ&Aサイトで、ユーザー数も豊富です。

タグで過去の質問も容易に検索可能で、蓄積されている質問数も膨大なため、質問する前に似たような問題があるか探してみるのも良いでしょう。


SNSを活用する

ツイッターやフェイスブックのアカウントを持っているなら、質問したり問題点をつぶやいてみるのもありかもしれませんね。

ハッシュタグを使用すれば、エンジニアな人が見つけて解答してくれるかもしれません。

クライアントに確認する

どうしてもすぐに解決できないようなら、どこでハマっているか正直に説明し、可能だったらご助力願ったり他の解決策があれば提示して指示を仰ぐことも必要です。

親切なクライアントの場合、一緒に調査してくれることもあるかもしれません。

納期が迫っている場合は、期日中に解決するのが難しいことも早めに報告しておきましょう。

まとめ

クライアントとの信用を得るためには基本的に納期は絶対です。間に合わないようなら、早めに連絡して指示を仰ぐことが必要です。

特にフリーランスエンジニアは、何事も自力で解決する必要に迫られることが多く、問題解決能力は重要なスキルといえるでしょう。

ここで挙げた以外にも、他にも良い方法があったらぜひ教えてくださいね!

フリーランス4ヶ月目の現状と今後の課題

f:id:mori_nao:20170504214103j:plain
またまた更新が滞ってしまいました……。

世間はGWですね!フリーは仕事と休みの境界が曖昧です。

4ヶ月目の収入

4ヶ月目は先月のブログで言ったとおり、ついに収入が40万台となりました。

慣れてきたせいか1~2ヶ月目のように疲れがたまることがなく、8:00~21:00の作業時間でコンスタントに稼げるようになってきたと思います。

主な収入源は以下。
・マネージャー業
・プログラミング系記事
・IT関連の専門記事

当初はWebライターとしてスタートしましたが、とあるご縁でマネージャー業もやることになり、企画の作成からライターの育成、管理業務など幅広く関わらせていただくことになりました。

また、単価の高い大口の案件も継続的に依頼いただいたおかげで、安定した収入を得ることができたと思います。

反省点

・まだ本気出していない問題
まだまだ60%くらいしか本気出していないと思う。サボりグセがあるので計画とノルマはしっかりと決めましょう。

・出費が増えた
平日は余裕かましてカフェやランチに行く頻度が増えたお陰で出費が増えてしまいました。気分転換になるけどもうちょっと回数減らそう・・・。

・PDCAができていない
「鬼速PDCA」読んだけど実行に移せていない。この本に書いてあること実践したらきっと効果はあるだろうな。

鬼速PDCA

鬼速PDCA


・読書量が減った
最近は仕事終わったら、早くて22時には寝てしまうので読書時間が十分に確保できていません。

5ヶ月目の豊富

・5月からついに紙媒体での執筆が決まりました。試行錯誤しながら書き上げて今チェック待ち状態です。
・収入50万台に向けて何をやるべきか考える。
・出費を減らして収入を増やす。
・ブログの更新頻度が月1〜2記事になってしまったので、時間を確保して定期的に更新してきたいですね。

まとめ

久々の更新でブログの書き方忘れてます。
フリーになった当初はどうなるかと心配でしたが、今のところフリーになってよかったと思っています。

たまにフリーでいることの不安感が襲ってきますが、会社員時代よりも正直楽だし自分で仕事量を決められるはフリーの特権ですね。

また、余計なストレスを抱え込まずに済むし、好きなときに休めるというのが精神的に良い作用となっています。

早寝早起きができて朝もランニングをする習慣がついたので、運動不足も解消できそう。

MacでCOBOLの開発環境を構築する

COBOLを使うため、MacにOpenCobolを入れて開発環境を構築してみました。
OS:El Captian

El CapitanとOpenCOBOLは相性が悪いらしく、環境構築のみで一苦労。
以下の記事を参考にさせていただきました。
Mac(OS:El Capitan)でのCOBOL開発環境構築 - Qiita


◆/usr/localのパーミッションを変更

sudo chown $(whoami):admin /usr/local && sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local


◆home-brewのインストール
Macではソフトウェアの導入を、簡単なコマンドで可能にするパッケージ管理システム『Homebrew』をインストールすると便利。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


◆OpenCOBOLのインストール

$ brew install open-cobol


◆hello.cobを作成

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. HELLO.
PROCEDURE DIVISION.
MAIN SECTION.
    DISPLAY 'HELLO WORLD!!'.
STOP RUN.


◆ファイルを指定してCOBOLを実行

$ cobc -x --free hello.cob

以下の致命的なエラーが発生。gmp.hが見つからない

In file included from /var/folders/5m/788ksz79713ckcbk2m9mzcyw0000gn/T//cob1969_0.c:13:
/usr/local/Cellar/open-cobol/1.1_1/include/libcob.h:24:10: fatal error: 'gmp.h' file not found
#include <gmp.h>


◆ライブラリが不足しているので以下を追加

brew install gmp
brew install gettext


◆gmp.hを関連づけるためにシンボリックリンクを作成する

ln -s /usr/local/Cellar/gmp/6.1.2/include/gmp.h /usr/local/Cellar/open-cobol/1.1_1/include


◆この状態で再度hello.cobを実行

$ cobc -x --free hello.cob

以下のエラー・・・
gmpのライブラリが見つからないから失敗とのこと

ld: library not found for -lgmp
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)


◆コマンドツールをインストール

xcode-select --install


◆再度実行

$ cobc -x --free hello.cob
$ ./hello

ようやく“HELLO WORLD!!”が表示されました!

フリーランス3ヶ月目の現状と今後の課題

f:id:mori_nao:20170402211643j:plain

はじめに

久しぶりの更新です。早いものでフリーランスのライターとしてスタートして3ヶ月が過ぎました。
3月は一週間くらい体調が優れず沈みがちでしたが、少しは満足のいく結果になったかな、と思います。

3ヶ月目の収入

収入は詳しくは書きませんが、3ヶ月目にして月の収入が大幅に増えて40万台も視野に入るようになりました。クラウドソーシング外の案件も着実に取得した結果と思いますが、フリーでこの収入はまだまだ少ないほうでしょう。

先月までは、美容系やエンタメ系、投資関連、資産運用などの案件も関わらせていただきましたが、3月は技術関連の専門記事のみに注力しました。

エンタメ系は向いてないってはっきりわかったので、これ以上関わるつもりはありません。

Webライターだけでは30万の収入を得るのは難しい

正直な疑問として、Webライターだけで30万以上稼げている人ってどれくらいいるのでしょうか?

3ヶ月間Webライターとしてやってきて、想像していた以上にしんどいお仕事だと実感しています。

1ヶ月目は文字単価1円ほどの仕事を中心に、朝早くから夜遅くまで働いて20万そこそこしかなりませんでした。

文字単価1円かそれ未満では30万稼ぐためには、よほど書くスピードが速かったり、要領がよくないと厳しいでしょう。(文字単価1円で30万以上稼げてる人っている?)

もうしんどいので文字単価1円の仕事はやりたくありません・・・。

3ヶ月目で変わったこと

単価の高い継続案件を数件持てたことで、少しは心に余裕が生まれたと思います。アプリで作業時間計測したら、時給ベースでも2,500〜4,500円ほどになりました。

余裕のある日は午前中買い物行ったり、午後は1時間運動したり、近くのカフェでまったりするなんてことができました。

1〜2ヶ月目はがむしゃらに働いていたから、カフェでまったりなんて発想自体なかった・・・

また、直接クライアントと打ち合わせを行ったり、エンジニアな仕事やディレクターとして、企画からお仕事をさせていただけることになりました。

その分仕事の幅が広がり、4月はさらに収入アップが見込めそうです。

今後の課題

今年は月の収入50万は目指したいので、現状に満足しないでさらに高単価の案件を取得していくつもりです。

また、メンタル面でも浮き沈みが激しいので、自己管理をもっと徹底したいですね。

駆け出しフリーランスこそ「鬼十則」は意識するべき

f:id:mori_nao:20170305223523j:plain

はじめに

「鬼十則」という言葉をご存知でしょうか?
世界最大の広告代理店である「電通」の4代目社長である吉田秀雄さんによってつくられた規則のようなものです。

電通といえば高橋まつりさんの過労死事件はまだ記憶に新しく、まさにブラック企業体質と言えるような過酷な就業実態が明らかになりました。

そして、過労死の元凶が鬼十則によるものらしく、ネットやニュースでも時代遅れと散々批判されました。

鬼十則の内容

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2.仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。

3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己れを小さくする。

4.難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。

5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…。

6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

引用:公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 | 財団の概要 | 吉田秀雄について | 「鬼十則」

電通の社員手帳からは鬼十則の掲載が取りやめになりましたが、よく読むと結構良いこと書いてあると思うんですよね。1951年に作られたらしいですが、今でも十分に通用すると思います。

一部「殺されても放すな」なんて過激な言葉もありますが、僕みたいな駆け出しのフリーランスは、自身を成長させるためには、意識しておくべきではと思うんです。

特にフリーランスとして成功したいなら1〜4、7〜9は避けて通れません。フリーライターだったら4はまさにそうです。単価の低い案件をいつまでやっても結局そのレベル止まりです。

単価をアップして収入を増やしたいなら、難しい仕事にチャレンジして実績を作り、クラインアント先からの信用を得れば、交渉次第で単価が倍になることも十分可能です。

1,2もそうですが、自分から営業やマーケティングの時間を惜しまずに、積極的に動かないと条件に良い仕事にはなかなか巡り合えません。

しかし、その一方で鬼十則は、ブラック企業の体育会系の経営者が喜びそうな言葉が羅列しているとも言えます。

個人で信条にする分には十分良いと思いますが、ネットやニュースで叩かれているとおり、今の時代このような行動規範を人に強制するのはどうなの?とも感じました。

でもこれは意識しないと成功は難しいでしょう。とくに要領が悪い僕みたいな凡人では・・・。

/* トップページ一覧表示 */