読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

MacでVimエディタを使ってみる

mac

f:id:mori_nao:20150123122613j:plain
Macを持ってる人は標準搭載のエディタについてはある程度既に知っていると思いますが、Vimを知っている人はどれくらいいるのだろうか?
VimはLinux系OSの標準的なテキストエディタで操作方法が通常のエディタと大きく異なるため、はじめは戸惑うかもしれません。
Linux知っている人には既におなじみだろうけど意外と知らない人も多いと思う。
実はこのエディタ、かなりの高機能で使い方をマスターすれば文章を書くのに最強のエディタとなる可能性を秘めている。
細かい話は省いてMacのOSはLinux=Unixベースで作られているのでこのVimが使用可能です。
以下使い方。

1.ターミナルの起動

まずはデスクトップのメニューバー「検索」アイコンより”ターミナル”と入力する。
ターミナルが起動し、画面が表示される。
ターミナルはDocに追加しておくと便利。
まずは今いる場所を確認するため以下コマンドを入力する。
pwd
"/Users/[自分のユーザ]"となっているはず。
ここはホームディレクトリと言う。
ホームディレクトリに何があるのか確認するため以下コマンドを入力。
ls
以下のように表示される。

f:id:mori_nao:20150719223902p:plain

ここでは「Google ドライブ」のディレクトリに移動してみる。
予測変換が可能なのでcd Gと入力して「tab」キーを推したほうが便利。
cd Google\ ドライブ/

2.作業用ディレクトリを作る

Googleドライブに作業ディレクトリを作成する。
以下のコマンドはmemoというディレクトリ(フォルダ)を作るという意味。
mkdir memo

3.Vimを起動する

ようやく本題。Vimエディタを起動する。手順として書くと結構面倒。
vim memo.txt
これでVimが起動したので何か文字を打ち込んでみる。

画面左下が"INSERT"になっていれば挿入モードなので文字を入力できる。
「ESC」キーでノーマルモードとなる。ノーマルモードでは主に保存、終了、編集などをおこなう。
最低限以下を覚えれば便利。
はじめは操作に戸惑うと思うのでよくわからなくなったら「ESC」キーでノーマルモードに戻る。

4.「ESC」キーで編集する

保存, 終了

上書き保存:w
名前を付けて保存:w 「ファイル名」
保存して終了:wq!
終了:q
強制終了:q!

編集

挿入モードiかa
カーソル移動 hjkl
1文字削除 x
1列削除dd
文字列置換:%s/置換前文字列/置換後文字列/gc
元に戻すu
コピー(1列)yy
ペーストp
現在位置から行末までコピーy$
検索/検索文字列
検索した単語のカウント :%s/検索文字列//gn
文字数カウント:%s/./&/g

本格的に使ってみたいなら以下の書籍がオススメです。

入門vi 第6版

入門vi 第6版

  • 作者: リンダラム,アーノルドロビンス,Linda Lamb,Arnold Robbins,福崎俊博
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 14人 クリック: 193回
  • この商品を含むブログ (75件) を見る

/* トップページ一覧表示 */