読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

文章を書くって素晴らしい!「本当の自分を見つける文章術」を読んでみた感想

読書・書評・感想

毎日少しずつ書くことで、生き生きとしたあなた自身が見つかります

プレンダ・ウェランド著『本当の自分を見つける文章術』(アトリエHB)を読んでみた感想です。

この本について

文章を書くのが好きだけどなかなか続かない……。もしくはこれからブログを始めてみたい、小説を書いてみたい。
だけどどうやって書けば良いのか分からない。といった方にオススメです。
本書を読めばシンプルだけど非常に説得力のある答えを見つけることができると思います。
肩肘張らずに何か文章を書いてみたくなる。そんな気にさせてくれます。
この本の著者が言っていることは、どの分野にも通用するような心理があります。

自由に書くには

歯を食いしばり、乾ききった意思の力で書くのではなく、真実を求めるわくわくするような気持ちで書くのです。モットーは、素直に、自由に、そして真実を、です。過度の装飾やわざとらしさから自由になるのです。

冒頭から非常に良いことを言っています。書かなきゃいけないという脅迫観念にかられて書くのではなく、わくわくするような気持ちで書けば苦痛ではなくなるはず。書くことに自由になりましょう!

書くことは時間の無駄では無い

しかしはっきり言っておきますが、書くことは絶対に時間の無駄ではありません。感情、想像力、知性が協働する創造的な仕事は時間の無駄遣いではないのです。ひとつの文章を書くごとに、あなたは何かを学びます。あなたの理解を広げ、成長させることを、私は経験から知っています。

継続して書くには必要なことですね。
確かに文章を書きながらその過程で学ぶことって非常に多いと思うんです。
また、忙しくて文章を書く時間がないって方も本書を読めば考えが変わると思います。家事や育児、仕事で忙しい人が如何にして文章を書く時間を捻出しているかが分かります。

感想

今のところ今年読んだ中でも最も参考になった本です。
書くことが苦手な人って意外と多いのではないでしょうか。自分自身も文章を書くのは本当に苦手で、でもいろいろと書いてみたいって思いはあるのですがなかなか行動に移せない……。
この本はそんな書くことが苦手、でも何か小説を書いたりブログを始めてみたいっていう気持ちの人の背中を後押ししてくれる本です。
文章術を身につける上でのテクニックについても触れていますが大事なのは楽しんで書くこと。テクニックなんてぶっちゃけどうでもいい。とにかくまずは書くことから始めましょう!

本当の自分を見つける文章術

本当の自分を見つける文章術

/* トップページ一覧表示 */