読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の感想(ネタバレあり)

映画

f:id:mori_nao:20160502160800p:plain
(C)2015 Marvel.

5/1はファーストデイで映画が安く観れるので『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観に行ってきました!
過去の作品を全て見ているわけではありませんが十分に楽しめる内容だと思います。時間があれば予め予習をしておいたほうがより楽しめます。
今回の映画は一連のアベンジャーズの作品の中でも今後の展開を左右する重要な立ち位置の映画であると感じました。
やっぱりこういったお祭り映画は映画館で観るに限りますね。客層はカップルや夫婦で見に来ている方が多かった気がします。

ストーリー

ストーリーは『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の延長線上かな。シリーズ物なので前作を見ていないと分からない場面もあると思います。
幾度となく世界を救ったアベンジャーズだがその過程で多くの被害者を出してしまう。そのことを問題視した政府によって今後アベンジャーズ単独での活動は禁止され政府の管理下に置くことを目的とした「ソコヴィア協定」。
協定に賛成するアイアンマンとそれを良しとしないキャプテンアメリカが両陣営に分かれて激しい激突が起こります。

感想

純粋なアベンジャーズの活躍は冒頭数分のテロ組織との生物兵器争奪戦のみ。
このテロの主犯格が何気にかっこよかったですね。肉弾戦でキャプテンアメリカとも互角に戦ってたし。
キャプテンアメリカ陣営とアイアンマン陣営に分かれてのアベンジャーズの超人同士の戦いが本編の一番の見どころでもうスゴイの一言。
にわかの自分としてはどっちがどの陣営で戦ってるか整理しないと分からなくなりました。ヒーローがそれぞれの能力を活かして活躍します。
アベンジャーズ初登場となるアントマンやスパイダーマンは戦闘要員といった感じで本筋にはあまり絡んでいませんでしたがアベンジャーズ同士の激突では大活躍します。
ウルトラマン並みに巨大化するのはびっくりしました。

今回の黒幕はアベンジャーズと同じく超人的な能力を持った怪物や人間ではなくアベンジャーズによって家族を殺された一人の人間が騒動を起こしたことが特に印象的でした。
黒幕からある映像を見せられますが、そこにはアイアンマンにとっては衝撃的な事実が映し出されており、この映像がきっかけでキャプテンアメリカとアイアンマンの亀裂が決定的なものになります。
アベンジャーズもスーパーヒーローとはいえ生い立ちも価値観も異なる1人の人間であること。目指す目的は共通して世界平和ですが、そこに至るプロセスはそれぞれ異なり結果あのような衝突を引き起こしてしまったとも見てとれます。(間違ってたらゴメンなさいm(_ _)m)
今回キャプテンアメリカ陣営、アイアンマン陣営共に一方的な価値観、自己主張の言い争いの場面が幾度とありヒーローらしさは感じられませんでした。
最後は和解して共通の悪を倒して終わるのかと思っていたらアベンジャーズの分裂は結局解消しないまま映画は終わってしまうので今後の展開が気になります。
キャプテンアメリカがアイアンマンをボコボコにしてしまいますし……。
キャプテンアメリカの映画としてもどことなく消化不良感が残りました。アベンジャーズとして見る分には十分楽しめましたが。
黒幕も生き残っているので今後も出てくるのでしょうか。映像技術や迫力は言うまでもないですね。

/* トップページ一覧表示 */