読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

東大・京大で1番読まれた本。『思考の整理学』を読んでみた感想

読書・書評・感想

「思考」をwikipediaで調べると以下のようなことが書かれています。

思考(しこう、英: Thinking)は、考えや思いを巡らせる行動[1]であり、結論を導き出す[2]など何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動である

wikipedia

本書は思考について如何に整理するかを著者自らの体験をもとに具体的な内容が記載されています。
自分自身思考の整理については具体的にどうすればいいのか?漠然としか分かっていませんでしたので本書を購入してみました。
この『思考の整理学』は1983年に刊行された本ですが、読みやすく現在でも十分通用するノウハウがたくさん書かれていて非常に参考になりました。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

そんな本書から、いくつか参考になった箇所をいくつか紹介します。

■一晩寝て考える

だいたい、夜、寝る前に、あまり深刻なことを考えるのはよくない。寝つきを妨げる。眠ろうとすると、かえって、あとからあとからいろいろなことが頭に浮かんでくる。こういうときに、妙案が現れるのは難しい。

良いアイデアは朝浮かんでくると言います。確かに実体験でも夜の疲れきって緊張した状態で深刻なことを考えていても、良い考えが浮かんでくることは少ないです。それならいっそのこと考えるのは一旦棚上げして朝起きたあとのクリアな頭で考えたほうが落ち着くべくところに落ち着く場合が多いですね。早めに見切りをつけてゆっくり寝て朝考えることを心がけます。


■ものを考える

ものを考えるにあたって、あまり、緊張しすぎてはまずい。何が何でもとあせるのも賢明ではない。むしろ、心をゆったり、自由にさせる。その方がおもしろい考えが生まれやすい。

これも実体験からあせると良い考えが浮かんでこないのはうなずけます。自分も気分を落ち着かせるために散歩とかストレッチをして心を落ち着かせています。


■調べるとき

調べるときに、まず、何を、何のために、調べるのかを明確にしてから情報収集にかかる。気が急いていて、とにかく本を読んでみようというようなことでとりかかると、せっかくの得られた知識も役に立たない

Webライターの仕事でも、今やネットで簡単に情報収集が可能です。本に頼らなくても記事を一本書くことも可能ですが、ネット上の情報は不確かなものも多くサクッと簡単に調べても本質を理解できていない可能性が高いのではないでしょうか。調べる対象をはっきりさせて内容を吟味咀嚼しなければ本当に理解したとは言えないかもしれません。そのためには調べるだけではいけなくて、よく考える時間も必要なのです。


■つんどく法

テーマに関連のある参考文献を集める。集められるだけ集まるまで読み始めないでおく。これだけしかない。というところまで資料が集まったら、これを机の脇に積み上げる。これを片っ端読んでいくのである。余計なことをしていては読み終えることはできないのでノートやカード類はとらず、メモ程度にとどめる。

何か専門性のある記事を書く時にこの方法は有効ではないでしょうか。本の内容をいちいちノートに書き写すのは大変だし、ノートに書いてあることが全部後々使えるわけでもない。書き写す時間も勿体ない。それならば頭に情報を記録するように説いています。何事も興味を持てばそう簡単に忘れることはありませんね。


■手帳とノート

何かを思いついたら、その場で、すぐ書き留めておく。そのときはさほどではないと思われることでも、あとあと、どんなにすばらしくなるか知れない。書いておかなかったばかりにせっかくの妙案が永久に葬られてしまうということになっては残念である。そして、考えは机に向かっているときに現れるとはきまっていない。

確かに何かを思いついたらすぐにメモを取らないと忘れてしまうってことは今まで幾度となくあります。思い出せないもどかしさで焦ってもどうにかなるわけでもないので後悔するよりはすぐにメモしたほうが良いでしょう。今はスマホという便利なツールがあるので何かを思いついたらPCと同期できてサクッとメモできる「Simplenote」に書き留めています。


■とにかく書いてみる

書き出したら、あまり、立ち止まらないで、どんどん先を急ぐ。細かい表現上のことなどでいちいちこだわり、書き損じを出したりしていると、勢いが失われてしまう。

とにかく終わりまで行ってしまう。そこで全体を読み返してみる。そこで全体を読み返してみる。こうなればもう、訂正、修正がゆっくりできる。

書く時の勢いは大事であるとは感じています。一度立ち止まってしまったらその後なかなか書くペースが戻らない。それならとにかく何が何でも書いてみる。一旦終わりまで書いてしまったら、推敲、構造的変更や大きな改修作業が入っても終わりまで行っているという安心感があるため、ゆとりを持って落ち着いて作業をすることが可能です。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

/* トップページ一覧表示 */