読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の感想

映画

f:id:mori_nao:20160704221957p:plain
出典:CINEMABLEND

今作はマッドハッターの家族を救うためにアリスが過去にタイムトラベルするストーリーです。
相変わらずの派手目な演出と圧倒的な映像美、テンポの良い展開で見ている分には飽きることはないと思います。冒頭の海賊船の追撃から引き込まれて最後まで飽きることなく観ることができました。
キャストはほぼ全員続投で前作から5年?くらい経過していると思いますが雰囲気変わりませんね。完全な続編なので前作の鑑賞は必須かな。

ただ正直前作のほうが楽しめました。序盤でマッドハッターが陽気なキャラからネガティブな性格に変貌していたり急に敵意むき出しでどす黒い顔色に変色したり、その時点でなんか少し冷めました。
敵キャラ?であるタイムと赤の女王も特に魅力を感じませんでした。今作で赤の女王と白の女王の因縁の過去が明らかになりますが、これは子供時代あるあるな感じですね。似たような濡れ衣着せられたことあります。
前作からの主要なキャラであるチェシャ猫や白うさぎは相変わらずのノリですが今作ではほぼ活躍しません。

今回の映画で伝えたかったことってタイムが言っていた「過去は取り戻せないが過去から学ぶことができる」ってことかな。
タイムトラベルの最中でもアリスは過去を変えることはできないと悟ります。
タイムトラベルものは時間軸で混乱しがちですが、映像でのタイムトラベルの表現も分かりやすかったし時系列で混乱することはありません。
なんだかんだ言ってディズニーの映画なので安心して見ることができます。ストーリーも分かりやすいので万人受けする王道のファンタジーといったところです。

/* トップページ一覧表示 */