読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

これで聞き上手になれる!『プロカウンセラーの聞く技術』

読書・書評・感想

プロカウンセラーの聞く技術

プロカウンセラーの聞く技術

東山紘久著『プロカウンセラーの聞く技術』(創元社)の読書感想です。

臨床心理士として働く著者が「聞く」技術を一般向けに紹介しています。
本来なら人は聞くことよりも自分から話したい生き物です。人が話している時にすぐに割って入ったり相手の気持ちを考えずに自分よがりなことを延々と話してしまったり……。なんてことを経験した方は多いと思います。
そこをじっと我慢強く聞くことだけができる人ってなかなかいないのではないでしょうか?
聞き上手になるということは、相手の気持ちを負担に感じず、こちらから話したくならないような訓練が必要なのです。
そして相手の話に興味を持つことが非常に大切です。
本書に書かれていることを意識して実践すれば自然と聞き上手になれるのではないでしょうか?
今までいかに人の話を正面から真摯に聞いていなかったかが分かると思います。


こんな人にオススメ
–円滑にコミュニケーションを図りたい
–人間関係をよくしたい
–聞き上手になりたい
–カウンセラーに興味がある

以下『プロカウンセラーの聞く技術』を読んで参考になった箇所をいくつか紹介します。

相づちを打つ

「話をよく聞いているよ」と、相手に伝える最良のコミュニケーション手段は、相づちを打つことです。人間は相手を判断するのに、言葉より態度を基準にします。
〜省略〜
誰でも自分の相づちを注意深くチェックしているだけで、聞き上手になれます。

避雷針になる

ぐちの聞き方で大切なのは、積極的に聞いてあげるという姿勢です。「ぐちなど言っていたってものごとは解決しませんよ」などと、ぐちを言うのを封じるのはいけません。ぐちが実害を及ぼすことは、ほとんどありません。ぐちは、たまらないうちに聞いてあげましょう。

ぐちの聞き方は避雷針と同じとのこと。自分にぐちを積極的に落としてもらって自分の心の中にため込み、そのまま地中へと吸収させる。そのほうがぐちを言っているほうも楽になれます。

他人のことはできない

悩みを解決できるように他者ができることといえば、心のケアです。心のケアの最良のものは、悩みを批判したり、助言することではなく、ただひたすらに聞いてあげることなのです。だからこそ、カウンセリングは、相談者の話を聞く事が中心なのです。

聞かれたことしか話さないこと

あなたが聞き手をつづけていこうと思うなら、話し手の質問には話し手の立場に立って答えないといけないのです。聞かれたことに、あなたの立場から答えますと、話が行き違う原因になります。このような基準をもっていると、話し手が質問しているようでいて、答えなくてもいい質問が多いことに気づくはずです。

共感とは芝居上手

聞き手に必要な態度の一つに「共感性」があります。共感性とは、相手が感じているように感じることです。自分の心が相手の心と同じ場に立つことです。

プロカウンセラーの聞く技術

プロカウンセラーの聞く技術

/* トップページ一覧表示 */