読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

雰囲気抜群!夏にオススメのミステリー小説5選

読書・書評・感想

はじめに

面白いミステリーの定義とは何か?考えてみるとそれは「キャラクター性」だったり「練りに練ったトリック」、「先の気になるストーリー」、「魅力的な謎」等の様々な要素がうまく融合したものではないでしょうか。
今回は数あるミステリー小説の中で雰囲気、ストーリー、怖さがうまく融合された印象に残っているミステリー小説を紹介いたします。
その中でも更に他のブログ、サイト等であまり紹介されていないと思われる小説を独断と偏見で厳選してみました。
暑い夏はクーラーの効いた部屋でドキドキ・ハラハラする読書体験を是非味わってください。



1.悪霊の館

悪霊の館 (講談社文庫)

悪霊の館 (講談社文庫)

不気味な逆五芒星の中央に捧げられた二重鍵密室の首なし死体。邸内を徘徊する西洋甲胄姿の亡霊。資産家一族の住む大邸宅で、黒魔術のミサを思わせる血みどろの惨劇が続く。

出典:amazon

名探偵二階堂蘭子が活躍するシリーズの長編4作目にあたる作品です。本書の中でも言及されていたと思いますがこれは殺人事件というか殺戮事件でしょう。これほどまでに犠牲者が出るミステリーも珍しいですね。登場人物はたくさんいますが主要登場人物は限られているので混乱することは無いと思います。
二階堂黎人氏は舞台設定やお膳立てがうまいですね。分厚い本ですがぐんぐんと引き込まれ最後まで飽きることなく読むことができました。本格ミステリーの王道がしっかりと守られている感じですね。

恐怖度  :★★★★★
トリック :★★★
雰囲気  :★★★★★
ストーリー:★★★

2.失踪者

失踪者 (文春文庫)

失踪者 (文春文庫)

ノンフィクション作家・高嶺隆一郎は真犯人に直接インタビューする手法をとっていた。埼玉県の久喜市で起きている連続失踪事件を調査するなかで、15年前の同様の事件との関連性が浮かび上がる。月曜日に女が消えること、現場に「ユダ」「ユダの息子」のメモが残されること。犯人はまた「少年A」なのか。

出典:amazon

叙述トリックの第一人者である折原一。数ある○○者シリーズの中で一番怖いと感じたのが本書です。大分昔に読んだ小説ですが得体の知れない何かに狙われる恐怖はずっと印象に残っています。
この小説に限らず氏の作品は全てを疑ってかからないときっと騙されてしまいます。とにかく読者を煙に巻くのがうまい。騙される快感を味わってください。

恐怖度  :★★★★
トリック :★★★
雰囲気  :★★★★★
ストーリー:★★★

3.時計館の殺人

時計館の殺人 (講談社文庫)

時計館の殺人 (講談社文庫)

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島(つのじま)・十角館の惨劇を知る江南孝明(かわみなみたかあき)は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!

出典:amazon

個人的には綾辻行人氏の最高傑作でありクローズドサークルものの傑作です。
閉じ込められた薄暗い地下の館内で次々と取材班のメンバーが訳も分からず殺されていきます。
原稿用紙換算1000枚超の大作ですがそんなことを感じさせない力量はさすがの一言です。
なによりこのトリックの発想はすごいと思います。これは騙されますね。うろ覚えですが氏はこのトリックを喫茶店で打ち合わせ中に思いついたとか。こんな発想がポンっとでてくるあたりすごいです。

恐怖度  :★★★★
トリック :★★★★★
雰囲気  :★★★★★
ストーリー:★★★★

4.奇想天を動かす

奇想、天を動かす (光文社文庫)

奇想、天を動かす (光文社文庫)

浅草で浮浪者風の老人が、消費税12円を請求されたことに腹を立て、店の主婦をナイフで刺殺した。だが老人は氏名すら名乗らず完全黙秘を続けている。この裏には何かがある。警視庁捜査一課の吉敷竹史は、懸命な捜査の結果、ついに過去数十年に及ぶ巨大な犯罪の構図を突き止めた。―壮大なトリックを駆使し、本格推理と社会派推理とを見事に融合させた傑作。

出典:amazon

島田荘司といえば玉木宏主演で映画化された名探偵御手洗潔が有名ですね。ですがもうひとり存在を忘れていけないのが警視庁捜査一課の吉敷竹史です。吉敷竹史シリーズは御手洗潔シリーズに比べたら現実的な話が多いですが本書「奇想天を動かす」は異質の部類に入るのではないでしょうか?トリックについては賛否両論分かれてしまうかな。個人的にはストーリーが素晴らしく印象に残っています。

恐怖度  :★★
トリック :★★★★
雰囲気  :★★★
ストーリー:★★★★★

5.首無の如き祟るもの

首無の如き祟るもの (講談社文庫)

首無の如き祟るもの (講談社文庫)

奥多摩の山村、媛首(ひめかみ)村。淡首(あおくび)様や首無(くびなし)の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。3つに分かれた旧家、秘守(ひがみ)一族、その一守(いちがみ)家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦後に跨る首無し殺人の謎。驚愕のどんでん返し。

出典:amazon

練りに練ったトリックです。まさにトリックのために存在するような村ですね(笑)緻密に計算された舞台設定、トリックは圧巻。文章も読みやすく先が気になる展開で一気読みしてしまいました。犯人を当てるのは難しいでしょう。きっと騙されます。

恐怖度  :★★★★
トリック :★★★★
雰囲気  :★★★★★
ストーリー:★★★

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介させていただいたミステリーは全て完成度が高く読み応え抜群です。また、全てシリーズものですので気に入ったら他の小説も読んでみることをオススメします。

/* トップページ一覧表示 */