読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

ブログを書くのに最適なMarkdownエディタ「Atom」を使ってみた

mac ツール

Atomとは?

GitHub が提供している主要なプログラミング言語の総合開発用のエディタですが、Markdownエディタとしても使用可能です。
Markdownエディタはたくさんありますが、どれも機能不足や使い勝手の点から選択肢が限られている印象です。
しかし最近になって人気急上昇中の完全無料のエディタであるAtomをMarkdownエディタとして実用的か試してみました。

Atomは拡張性に優れていますので用途によって公開されているパッケージ(無料)を 別途インストールすることにより自分好みに使いやすくカスタマイズすることが可能です。

以下インストールからMarkdownエディタとして使いたい方向けの最低限の設定方法を説明します。

インストール

Atomは以下のページからインストールします。
f:id:mori_nao:20160815230650p:plain atom.io

日本語化

デフォルトでは全て英語表記のため、日本語表記に変更します。

  • メニューより「Help」→「Welcome Guide」の順に選択。
  • 右側の画面より「Install a Package」を選択。 f:id:mori_nao:20160815230918p:plain

  • 続けて「Open Installer」ボタンをクリック。 f:id:mori_nao:20160815231026p:plain

  • 「パッケージのインストール(画面左側)」画面に入力フォームがあるので"japanese"と入力し、「Packages」ボタンをクリック。

  • 検索一覧をスクロールすると「japanese-menu」があるので「Install」ボタンをクリック。
    f:id:mori_nao:20160815231140p:plain

これで日本語化の設定は完了です。

文字列カウント

文章を書く上で大切な機能の一つが文字数をカウントする機能です。
エディタを選ぶ基準として文字数カウント機能があるかどうかは一つの選択基準と言っても過言ではないと思います。 Atomではデフォルトで文字数のカウント機能はありませんが別途パッケージをインストールすることにより可能となります。 以下手順を説明します。

  • 日本語化設定時同様に「ヘルプ」→「ウェルカムガイド」の順に選択。
  • 「パッケージのインストール(画面左側)」画面の入力フォームより"count-word"を入力し、 「パッケージ」ボタンをクリック。
  • 「count-word」が一覧にありますので「Install」ボタンをクリック。 f:id:mori_nao:20160815231305p:plain 本画面ではすでにインストール済みなので「Install」ボタンは表示されない

  • インストールが完了したらエディタ上で右クリックするとメニューに「Count Words」が表示されます。 f:id:mori_nao:20160815231342p:plain

  • これで現在の文字数がわかります。 f:id:mori_nao:20160815231354p:plain

  • 選択した部分のみの文字数が知りたい場合は文字数をカウントする文字列を選択します。

  • 「Count Words」を選択すれば、選択した箇所の文字数を確認することが可能です。 f:id:mori_nao:20160815231422p:plain

Markdownプレビュー

Atomの優れた機能として編集しながらリアルタイムでプレビューが可能ということが挙げられます。 プレビュー画面は以下のショートカットキーで表示することができます。

control + shift + M

また、Atomのメニューから「パッケージ」→「Markdown Preview」を選択することでプレビュー画面を 表示することも可能です。

その他の設定

不可視文字の表示非表示

Markdownエディタの性質上一部不可視文字の表示がされないと都合が悪いことがあります。例えば改行は半角スペース2つで改行とみなされるがスペースが表示されないとわかりにくい等。
これらは設定から表示することが可能でタブやスペース、改行コードなどが表示できるようになります。

  • Atomのメニューから「Atom」→「環境設定」を選択し、Setting画面から「設定」を選択。
  • 「不可視文字」にチェックを入れる。 f:id:mori_nao:20160815231655p:plain
  • その他も必要に応じてチェックを入れておくと良いです。
背景

デフォルトでは黒ですが背景も設定から変更できます。

  • Atomのメニューから「Atom」→「環境設定」を選択し、Setting画面から「テーマ」を選択。
  • 以下のようにプルダウンメニューからテーマを選択。 f:id:mori_nao:20160815231929p:plain

  • これで背景が白になりました。 f:id:mori_nao:20160815232025p:plain

使ってみた感想

見た目はシンプル。「eclipse」や「Brankets」を使った事がある人なら特に問題なく理解できると思います。
元はプログラミング開発向けのエディタなのでただ文章を書きたい人にとっては戸惑う箇所もあると思います。(プロジェクトの概念とか)
普通に文章書くだけならAtomを入れなくていいかなと思いますがMarkdownでガシガシ書きたい人にとっては有能すぎるエディタではないでしょうか。
ブログは今までスマホとPCでシームレスに同期可能なSimplenoteを使っていたのでその利便性に慣れている身としてはちょい不便に感じましたが使い続けているうちに慣れました。
とことん使いこなしたい人はネットに情報はいくらでもあるのでいろいろと試してみると良いと思います。

/* トップページ一覧表示 */