読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

現状を変えたいなら『チーズはどこへ消えた?』は最適な一冊

読書・書評・感想

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

昔話題になった本ですが今更ながら読んでみました。
短いシンプルなストーリーながらも変化を恐れず行動するためのヒントが詰まった良書です。

本書「チーズはどこへ消えた」はそれぞれ性格が異なる二匹のネズミと二人の小人が登場します。
いつもそこにあるはずのチーズが消えていたら何をするべきか?
本能に従って他のチーズを探すべき行動する者、落ち込みながらも活路を見出し行動する者、変化を恐れ悲観的になり行動しない者。
登場人物の1人がやがて恐怖に打ち勝ちチーズを探し当てます。


常に状況を把握し、変化を見逃さず現状に満足しないこと。
分かっているけど実際に行動に移せない人も多くいると思います。登場人物の一人ヘムのように変化を認めず悲観的になり運命を呪います。
しかし、望みを叶えるためには行動に移すしかほかありません。

失敗を恐れず立ち向かっていけば恐れはなくなり、新境地を切り開くこともできるかもしれません。
何もせず、手をこまねいているだけではやがて破滅が待っています。
変化が起こることを予想し、変化に適応しなければすることの大切さを改めて教えてくれました。

仕事や人生に行き詰まったとき、メンタルが不調なときには本書が大いに助けてくれるかもしれません。短い本なのでサクっと読めますよ。

以下、引用します。

・つねにチーズの匂いをかいでみること。そうすれば古くなったのに気がつく
・新しい方向に進めば新しいチーズがみつかる
・恐怖を乗り越えれば楽な気持ちになる
・まだ新しいチーズがみつかっていなくてもそのチーズを楽しんでいる自分を想像すればそれば実現する
・早い時期に小さな変化に気づけばやがて訪れる大きな変化にうまく適応できる

/* トップページ一覧表示 */