読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

とと姉ちゃんのモデルとなった「暮しの手帖」は生活の知恵が詰まった雑誌でした

読書・書評・感想

現在放映中の朝ドラ「とと姉ちゃん」が創刊した雑誌「あなたの暮らし」のモデルになった「暮らしの手帖(8-9月号)」を購入してみました。

暮しの手帖 4世紀83号

暮しの手帖 4世紀83号

雑誌「暮らしの手帖」とは?

戦前戦後と激動の時代に生きた「とと姉ちゃん」こと小橋常子(こはしつねこ)が父(とと)の代わりとなって家族を支えながら戦後の焼け野原で衣食住もままならない時代に雑誌「あなたの暮らし」を創刊します。

女性の生活に寄り添う暮らしを大切に、誰にでもできる実用的な内容を豊富に掲載して着々と部数を伸ばしていきます。
また、当時では画期的な商品テストを導入し、全メーカーの家電製品を集めて何が優れていて何がダメかを包み隠さず公表し、人気を博しました。
ドラマでは商品を酷評された企業から様々な嫌がらせを受けながらも信念を貫きとおし、消費者目線で商品テストを続けていきます。

2016年現在も「暮らしの手帖」は隔月刊で発行しており、創刊当時からのスタイルが受け継がれている印象です。



内容紹介

「とと姉ちゃん」のモデルになった大橋鎭子(おおはし しずこ)さんと名編集長である花森安治(はなもり やすじ)さんが雑誌「暮らしの手帖」を創刊し、当時としては画期的な内容と広告は一切載せないといったスタイルで雑誌を作り続けていきます。

8-9月号では料理の特集、手芸、暮らしの知恵、連載、コラムなど充実した内容です。土井善晴さんの「汁飯香のお話」は毎日献立を考えなければいけない主婦にとっては目から鱗な内容ではないでしょうか。
二千円以下の万年筆の紹介と、お金の話も非常に参考になりました。

ドラマでも取り上げられたレシピの記事についても過程を詳細に説明するスタイルは受け継がれていますね。
今の時代ならではのスマートフォンで写真を撮るコツも紹介されています。

8-9月号では付録として創刊号である「美しい暮らしの手帖」の第一号の内容を抜粋した復刻版が付いています。ドラマのファンはこれだけでも買う価値ありかも。

ドラマでもおなじみの直線裁ちも掲載されています。
f:id:mori_nao:20160925224124j:plain
(創刊号より)

雑誌「暮らしの手帖」は手作り感というか丁重に作られている感じがして好感持てます。
「毎日の暮らしを大切にしたい」そう思わせるような雑誌で小手先のライフハックではない日々の暮らしを大切にする為の知恵が散りばめられています。
忙しい現代人こそ暮らしを見つめ直すきっかけとして「暮らしの手帖」はおおいに役に立つように思えます。
コラムも充実して読み応えがありますので、休日にじっくりと読んでみてはいかがでしょうか。

暮しの手帖 4世紀83号

暮しの手帖 4世紀83号

アマゾンでは品切れですが2016/9/24時点で書店にはたくさん置いてありました。

/* トップページ一覧表示 */