読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

システムエンジニア兼業でライターしてます。日々感じたこと。思ったことを書いていきたいと思います。たまに変なこと書きます。

すぐにやることの重要性『なぜか、仕事がうまくいく人の習慣』

読書・書評・感想

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

古い本ですが、今でも通用するノウハウが満載です。働きすぎと感じながらも無駄な時間を過ごしていることが多いと感じている人に是非お勧めしたいのが本書『なぜか、仕事がうまくいく人の習慣』です。

仕事を効率的に進めるためにもっとも効果の高い方法は何か?そのためにはすぐやることが重要であると本書は説いています。
頭では分かっていながら、でも実際にはなかなか行動に移せない。なんて感じている人にも参考になることが多く記述されていますので一読してみることをオススメします。


以下本書『なぜか、仕事がうまくいく人の習慣』を読んで参考になった箇所をいくつか紹介します。

安易な先延ばしは、おそらくほかの何よりも、仕事の時間をむしばむものだ。そのようなくせを克服するときには、「すぐやる」ことがいちばんの助けになってくれる。

面倒なことは様々な理由をつけてついつい先延ばしをするクセがある人は結構多いのではないしょうか?
物事を最後までやり通すことができないのは、それをやっていないから。すぐに手をつければ、それもたった今やるという習慣をつければ変に先延ばしして後々面倒になるという流れを断ち切ることができると本書は説いています。

物事というのは、やるべきか、やめるべきかのどちらかなのだ。もちろん締め切りは考えに入れなければならないが、やるに値することはやる、そうでなければ、やらないことだ。

よくやることリストを作っても大抵うしろの項目はいつまでも手付かずでリストに残ったまま……。なんてことはしょっちゅうあります。
重要なのは「やるべきか、やめるべきか」検討してやらないと決めれば思い切ってリストから削除してきっぱり忘れることも大切です。
集点を絞りやろうとしている仕事に集中することは成功するために不可欠な要素です。

・やり残したことを片付ける
仕事の流れを思い通りにするためにはまず残務を片付けて、仕事の流れを断ち切らないようにすることが重要です。
以下、残務を扱うにあたり欠かせない五つのステップがあります。

  1. 残務の正体をはっきりさせる
  2. 最初に片づけるべき残務を優先する
  3. 一日ひとつの残務を片付けられるように、時間を組む
  4. 残務の原因をはっきりさせる
  5. その原因を取り除き、残務が再び発生しないように、またそれ以上残務をため込まないようにする。

もしあなたが、決断力に欠けるという弱点を持つなら、それを克服するための簡単な方法がある。どんな決定であれ、起こりうる最悪の結果を想像し、それに堪えられるかどうか自問するだけでいい。もし堪えられると思ったら、いちかばちか、やってみよう。

よく成功を収めている人は決断力が早いとききますが、ちょっとでも成功する確信があるなら、起こりうる最悪な結果にたえられるなら、思い切って決断するべきかもしれません。

もっと能率を上げて、もっと生産性を上げること。決断力を持ち、仕事の流れに沿って取り組めば、きっとそれが可能になる

決断力を持って生産性を上げれば先延ばしにする習慣もなくなりますね。よけいな邪魔が入らないうちに行動を起こすことが大切かもしれません。


・ハンキングファイルを使用する

  • ハンキングファイルは、ファイルフォルダの安定もよく、補充も正確にできる
  • ファイルのラベルは大きく、はっきりと文字を書く
  • 項目をラベルで色分けすれば、いっそう読み取りやすい
  • いちばんの目的はもう一度見つけられるようにすること


・人生で重要なことを実行するには

人生でいちばん重要なことを実行するつもりなら、自分の時間を手際よく管理しなければならない。

  • 自分が何よりも価値をおくものを見定める
  • 生きるうえでよりどころにしたい信条を決める
  • 自分の人生における使命とは何かを突きとめる

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

/* トップページ一覧表示 */