読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

Webディレクター兼エンジニア、テクニカルライターとして技術系記事を中心に企画・執筆活動をしています。たまに変なこと書きます。

人生を変えたいならば『本音で生きる』を読んでみる事をオススメします

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

はじめに

時間は誰に取っても有限です。後悔しない生き方をしたいならその場しのぎをやめて、今すぐにでも一歩先を動いたほうがいい。
そのためには自分に嘘偽りなく本音で生きるほうが後で結果はついてくる。
ホリエモンは歯に衣を着せぬ言い方で世間を騒がせている印象ですが、本書でもそんなホリエモン節は健在で、本書で語っている事はまさに正論であり非常に共感しました。

「本音で生きる」ということすなわち後悔しない生き方を送るということ。
人生を変えたいなら本書を手にとって読んでみる事をお勧めします。

『本音で生きる」を読んで

以下本書「本音で生きる」を読んで参考になった箇所をいくつか紹介します。



「できない理由」は考えない」

些細なことでもよいから、常に小さなチャレンジを行い、少しずつ少しずつ成功体験を重ねていく。なんでもうまくこなせる人間と比較して落ち込むのは無意味なことだ。ここで比べるべきは、過去の自分。自分の成長を実感できれば、それが自身になる。諦めずに成功体験を重ねていけば、ある日突然大きく成長する時が必ずやってくるはずだ

できない理由を考え言い訳ばかり述べている人はよくいますが、「やるか」「やらないか」。
人生を変えたいならばおのずと選択肢は決まっていますね。
「できなり理由」を考える暇があったらどうやったらできるかを考えるべきでしょう。チャンスは目の前にいくらでも転がっています。

やったことのない分野だったら初めは不安になるのはしょうがないですが、なんとか頑張ってひとつでも小さな実績を上げればそれは自身につながり次のステップに進む事ができます。
他人に比べて劣っていると感じているならどう工夫すれば勝つ事ができるかを考えるべきでしょう。

ノリの良さでチャンスを掴む

飛びついた結果がどうなるのかなどわからないが、確実にいえることがある。ノリの良い奴には、あちこちから声がかかるようになり、加速度的にいろんな経験ができるようになっていくのだ。

ちょっとしたチャンスは、いつでも誰の前にも流れていますが、それを将来的な何につながるかは分かりません。
ですが、面白そうと感じたらまず飛びついてみることと本書では説いています。
あれこれ理由を考えて飛びつかないよりは、この経験が元に最高に面白い経験をすることになるかもしれませんし、今後の人生に大きな変化をもたらすかもしれません。
それなら直感で感じてノリで動いたほうが良いということですね。

実現可能性など考えるな

やりたいことをやって成功する人は「リスクをあまり考えていない」ということ。
やる前から成功する確率とか失敗するリスクは何か?と考えていてはいつまでも実行に移せないことは明白ですね。
成功するかどうかはやってみないとわかりません。
やると決めたらその場の勢いで行動を起こすことが重要。
尻込みするような人間は結局リスクをとらないこと自体が最大のリスクであるとホリエモンは説いています。

これまでと同じことをやっていても、成功はできない。自分のやりたいことを、ノリとフィーリングでやってみるしか成功はありえない。



すべての時間を「最適化」せよ

自分のやりたことを片っ端からやっていては時間がいくらあっても足りませんが、それでやりたいことを諦めてしまっては元も子もありません。
時間という希少資源をどう使えば良いのかを常に考えることによって実現可能な物事の範囲が広がっていきます。

うっかりしていると、毎日がルーチンになりがちだ。「これは無駄だな」と思ったら、すぐ改善をしていくのだ。
〜省略〜
自分自身についてもPDCAを回すのだ。その対象となるのは、24時間365日、自分の人生のすべてである。

PDCAサイクルを回して常に改善を図っていくというやり方は重要ですね。ただめんどくさくなって長続きしない人も多いのではないかと思いますので如何にPDCAを回すかは工夫が必要です。
また、改善の結果自分が苦しくなっては本末転倒なのでできる限り労力を使わず、楽しみながら自分のやりたいことが実現できるように改善を行う方が良いとこうことです。

無駄がないかを常に問いかける

自分の人生を改善することは、自分を含む人の行動や周囲の状況を注意深く観察し、疑問を持つ事からはじまる。

時間をうまく使いたければ、自分の生活の中の無駄な「惰性」に気づく事も大事だ。
そして、何かを無駄だ、面倒だと感じたら、それを解決する手段を考えることを習慣にしてしまおう。解決する気さえあれば、たいていのことはなんとでもなるのだ。

現状無駄であると考えているにも関わらず打てる手を探そうともせず、ただ現状に愚痴をこぼすだけの存在をホリエモンは「オヤジ」と呼んで揶揄しています。
自分がそんな「オヤジ」になっていないか?振り返ってみると結構当てはまる部分もあったりします。

30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は片っ端から片付ける。

「やらなければいけない仕事が多すぎて、いつ何から手をつければいいかわからなくなる」なんてことは結構あると思います。
そんなとき優先順位をつけるよりは片っ端から仕事をこなしていけばいいだけとのこと。
優先順位をつけるという作業自体時間を消費することにもなるので、特に「5分で終わる仕事」は片っ端からやっていく。
メールの返信、仕事の返事などはその場で処理し、すぐに終わらせることが重要です。

/* トップページ一覧表示 */