読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

na-kkun's life

フリーライター・ディレクターとして技術系記事を中心に企画・立案から執筆活動までしています。たまに変なこと書きます。

駆け出しフリーランスこそ「鬼十則」は意識するべき

フリーランス

f:id:mori_nao:20170305223523j:plain

はじめに

「鬼十則」という言葉をご存知でしょうか?
世界最大の広告代理店である「電通」の4代目社長である吉田秀雄さんによってつくられた規則のようなものです。

電通といえば高橋まつりさんの過労死事件はまだ記憶に新しく、まさにブラック企業体質と言えるような過酷な就業実態が明らかになりました。

そして、過労死の元凶が鬼十則によるものらしく、ネットやニュースでも時代遅れと散々批判されました。

鬼十則の内容

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2.仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。

3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己れを小さくする。

4.難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。

5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…。

6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

引用:公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 | 財団の概要 | 吉田秀雄について | 「鬼十則」

電通の社員手帳からは鬼十則の掲載が取りやめになりましたが、よく読むと結構良いこと書いてあると思うんですよね。1951年に作られたらしいですが、今でも十分に通用すると思います。

一部「殺されても放すな」なんて過激な言葉もありますが、僕みたいな駆け出しのフリーランスは、自身を成長させるためには、意識しておくべきではと思うんです。

特にフリーランスとして成功したいなら1〜4、7〜9は避けて通れません。フリーライターだったら4はまさにそうです。単価の低い案件をいつまでやっても結局そのレベル止まりです。

単価をアップして収入を増やしたいなら、難しい仕事にチャレンジして実績を作り、クラインアント先からの信用を得れば、交渉次第で単価が倍になることも十分可能です。

1,2もそうですが、自分から営業やマーケティングの時間を惜しまずに、積極的に動かないと条件に良い仕事にはなかなか巡り合えません。

しかし、その一方で鬼十則は、ブラック企業の体育会系の経営者が喜びそうな言葉が羅列しているとも言えます。

個人で信条にする分には十分良いと思いますが、ネットやニュースで叩かれているとおり、今の時代このような行動規範を人に強制するのはどうなの?とも感じました。

でもこれは意識しないと成功は難しいでしょう。とくに要領が悪い僕みたいな凡人では・・・。

/* トップページ一覧表示 */